シーズン34使用構築


f:id:yotsuba079:20221001091704j:image

当記事をお読みいただきありがとうございます。よつばです。

 

S34お疲れ様でした。結果は最終レート1799。今回使用した構築について簡単に振り返っていきます。


f:id:yotsuba079:20221001092823j:image

誰が使っていたこんなポケモン!?って感じの子が入ってくるのが好きなポイントです。

構築単位でホウオウ、ルギア、ザシオーガに弱いです(壊滅的)。

 

ゼルネアス 

HBベース  ろうじんさんの配信でゼクロムに強いところを観て採用

ネクロズマ

HB こいつで日ネクに勝てないと終わる場面多々

ほぼ負ける 回復のPP少ないし天候で量変わるの不便すぎる

イベルタル

DSベース 過去の個体 努力値調整要検討

アシキのせい?で環境にいるバクア型キツすぎて泣く

ジガルデ

AS 耐久ザシアンは知らない 結局へびにらみ強い

パルキア

CS 脳筋でも微妙に火力足りない

波乗り2発で日ネクもっていってくれよ

気の迷いで最終日に「だいもんじ」を「ダブルウイング」に変更したが使う場面が来なかった

ザシアン

HD 壁バド展開がキツかったためこんな型に

ナット入りに出せず窮屈な場面も

「じゃれつく」がいいのか「インファイト」がいいのか

反省

なぜイベネク組んだのか使い続けたのか自分でもわかってません。全体的に火力低くて相手の受けを壊せないことが多かったり、相手の高火力になす術なかったりと弱点の多かった構築でした。

 

あいまるさんのツイートで「ラノベ読んだだけ最終順位が良くなる」ってあって僕も同じ傾向にある気がしてならない。

僕は9月、「夢見る男子は現実主義者」1~7とよう実読んでました笑 

面白いのでおすすめです
f:id:yotsuba079:20221001100337j:image

あとで書き込むかも

「雷速展開、嵌めジェット」剣盾S25最終930位



f:id:yotsuba079:20220101141019j:image

はじめに

当記事をお読みいただきありがとうございます。よつばです。

S25お疲れ様でした。

S22以降あまりポケモンの時間をとっていませんでしたが、年末ということもあり、今シーズンから頑張ってみようと思っていました。

しかし、構築の原案をなかなか練られず、気づけば25000位になっていました。

12月31日大晦日ミスドでTLを眺めながら、それまで今月気づいた問題点を解消できる軸を思いついたことをきっかけに、紅白歌合戦の合間に残りを考え、新年を迎えてから9時までの間潜り続け、なんとか三桁にたどり着きました。

使用感がよく、使っていて面白かったので簡単な記事にしました。

最後までお読みいただけると嬉しいです。

結果f:id:yotsuba079:20220101114053j:image

 TN よつば 最終930位 86勝64敗 レート1829

「年末年始をポケモンで染めること」が我々の特権だと思います。

自分がどこに位置していたとしてもポケモン対戦を楽しめたことが今回のグッドポイントです。

S25のコンセプト

・多くの伝説ポケモンに隙を見せない展開を作る。

・相手のポケモンに対して有利な対面を作ってアドバンテージをとる。

構築は以下の通りです。

f:id:yotsuba079:20220101114151j:image

構築経緯

  1. 高速の電気ポケモンが環境で強いのではないかと12月中盤から考えていました。はじめはスカーフ霊獣ボルトロスを使用していましたが、ダイマックスの適性が低く選出パワーで負けることが多いという問題がありました。
  2. Gヒヒダルママンムー、Aキュウコンなどの氷タイプが環境に多くいるなと感じていました。また、それらのポケモンに対する対処方法をうまく作れていませんでした。
  3. ディアルガゼクロムなど少しメジャーどころから外れている伝説ポケモンへの対応に厚みがありませんでした。
  4. 晦日、霊獣ボルトロスをサンダーに変更しました。また、引き先としてカプ・レヒレを選択しました。この軸で上記1,2をおおむね解決し、ザシアン、ムゲンダイナ、カイオーガ等が入っている構築への展開を用意しました。
  5. この2体のポケモンと相性が良いと感じたイベルタルを伝説枠に採用し、ゼルネアス対策にGヤドキングを採用しました。上記3を解決し、ラッキーやカバルドン対面に後出しできる霊獣ランドロスを採用しました。最後に砂展開に強い水ウーラオスを採用しました。

個体紹介(以下選出画面順)

イベルタルとつげきチョッキf:id:yotsuba079:20211001121310j:image

努力値:H76 B4 C252+ D12 S164

技構成:あくのはどう デスウイング ふいうち とんぼがえり

-調整意図-

S:最速ウオノラゴン抜き

 

手抜きでダイマなし伝説戦の個体を流用しました。

ダイマックス時の破壊力がすさまじく、頼りがいのあるポケモンでした。

素早さラインが調節されているため、ゼクロムなどの抜いておきたいポケモンより遅くてビビったことが何回かありました。

ウーラオス(れんげきのすがた)@ぼうごパットf:id:yotsuba079:20211001111656j:image

努力値:A252+ D4 S252

技構成:すいりゅうれんだ インファイト ストーンエッジ アクアジェット

-調整意図-

A:特化で後出しHBサンダーをすいりゅうれんだ+ストーンエッジで倒すため

S:252振ることで抜ける相手が多くいるため

 

流用個体。主に炎、岩、氷、鋼、地面タイプのポケモンへの役割を担っていましたが、あまり選出機会は多くなかったです。岩技が半減で受けられるところがとても偉かったです。

ヤドキング(ガラルのすがた)@くろいヘドロf:id:yotsuba079:20220101134518j:image

努力値:H244 B4 C4 D212+ S44

技構成:サイコショック ヘドロばくだん なまける めいそう

-調整意図-

H:実数値201でちきゅうなげを多く耐えるため

S:ドヒドイデ抜き

D:特殊受けとしてなるべく高く

 

対戦したゼルネアスは皆サイコショックを持っていなかったので圧倒的安定感を発揮していました。前に育成した流用個体だったので、ダイマ飴を上げ忘れていました。それで有利状況が少し危なくなりかけたので、皆さんもしっかり確認したほうがいいですよ!

サンダー@こだわりスカーフ
f:id:yotsuba079:20220101134543j:image

努力値:B4 C252 S252+

技構成:ほうでん ぼうふう でんじは とんぼがえり

-調整意図-

S:最速

 

最大の功労者でした。麻痺をいれることが第一の役割です。ダイマックスの性能もそこそこ確保できています。ゼクロムに対しては厳しい立ち回りになるので、そこが改善点かもしれません。とんぼがえりはマンムー等の地面で交代を止められないために採用していました。

カプ・レヒレ@たべのこしf:id:yotsuba079:20220101135913j:image

努力値:H252 B252+ S4

技構成:うずしお みがわり てっぺき くろいまなざし

-調整意図-

HB:振り切り

 

9時間の間で何体ものポケモンを嵌めた物理受け役。とある実況者への憧れの気持ちがついに具現化しました。しかしシーズン終了後、ぼうぎょの個体値をまあまあで使っていたことが判明。なんとも言えない気持ちになりました。

ランドロス@ラムのみf:id:yotsuba079:20220101134617j:image

努力値:H4 A252 S252+

技構成:じしん そらをとぶ いわなだれ つるぎのまい

-調整意図-

A:火力重視

S:最速

 

状態異常耐性を持たせているので、安定してつるぎのまいを積みやすいです。しかし相手が壁メタモン構築だと、いいようにパクられてしまうので皆さん気を付けてください。

いかくを入れられないとザシアンのきょじゅうざんを耐えることができないので、相手の交代に注意しなくてはならないです。

基本選出

サンダー + カプ・レヒレ @1

この並びで対応できないポケモンに応じて選出を変えます。

反省

晦日から元日の短い時間の中で勝ち星を稼ぐことができた点がよかったと思っています。また、個人として今まで継続的に対戦し続けることができなかったのですが、今最終日は集中して長く取り組めていたこともよかったです。

今記事は簡単に書きましたので、質問や疑問がありましたらTwitter:@yotsuba079までおねがいします。

潜った時間は短いのですが、S25での対戦ありがとうございました。楽しかったです。

それでは。

本気でオススメするthe peggies

皆さん、今日もお疲れ様です。

よつばです。


f:id:yotsuba079:20211017112215j:image

突然ですが、皆さんは音楽が好きですか?

私はとても好きですね。

曲単体が好き、で止まってしまうこともありますが、アーティスト単位で好きってなることもあります。

いくつも好きなアーティストはいますが、その中でも私が今一番聴いているthe peggiesを紹介していきたいと思います。f:id:yotsuba079:20211017112507j:image

ガールズ3ピースバンド、the peggies

メディアの露出(特にアニメ)が多くて、一度は聴いたことのある人がほとんどではないでしょうか。

青ブタやヒロアカ、BORUTO、さらざんまいなどで主題歌を担当したことがあります。

 

まず、Vo.ゆうほちゃんの声が素晴らしいです。

https://www.youtube.com/embed/CF2Ir2OFQgE

 

実はこの曲、メジャーデビュー後にまだ盤化していません(次のアルバムでようやく!)。

どうです?もう好きになっちゃったでしょう?

 

そんなあなたのために僕がプレイリストを作りました。本気でオススメできる、これを聴いたらライブにいっても3000%盛り上がることができる曲を11曲集めました。

是非瞬間だけでも聴いてください!
f:id:yotsuba079:20211017113231j:image
f:id:yotsuba079:20211017113238j:image

失敗

 

あなたの希望に沿った。

でもそれは失敗だった。

 

なぜなら、そこには私の意志というものが無いからだ。

 

何のために生きるのか、私のその部分が考えられていないからだ。

 

私をコントロール下におきたいなら、奴隷のように縛りつけるべきだ。

 

 

 

本当は死ぬほどポケモンがやりたい。それだけなんだ。


f:id:yotsuba079:20211015121529j:image

全てはポケモンへと通ずる

ポケモン、それは人生の真理。


f:id:yotsuba079:20211015110209j:image

一度ハマったのなら分かる筈だ。

 

この世の全ては、ポケモンで説明が出来ることを。


f:id:yotsuba079:20211015110306j:image

 

 

 

皆もポケモン、ゲットじゃぞ。

 

※当記事はピタゴリスさんのシャトルラン挑戦を応援しております。

「ヤドキングと白夜ドラマチックサイクル」剣盾S22最終596位


f:id:yotsuba079:20211001122025j:image

はじめに

当記事をお読みいただきありがとうございます。よつばです。

S22お疲れ様でした。

今シーズンは久しぶりに3桁帯で戦え、最終的にレート1900を達成することができました。

その記念を残したい思いと、使ったポケモンを紹介したい思いで記事を書き上げました。

最後までお読みいただけると嬉しいです。

よろしくお願いします。

結果


f:id:yotsuba079:20211001121150j:image

TN よつば 最終596位 160勝122敗 レート1918

久しぶりの実力者たちとの対戦で何が何でも20を目指そうという気力は待ち合わせていませんでした。サブロムは最高レート1906まで行きましたが墜落しました。

S22のコンセプト

・多くの構築とサイクル戦を行えるようにする。

・相手のポケモンに対して極力2体は強く出られるようにする。

構築は以下の通りです。

f:id:yotsuba079:20211001090722j:image

構築経緯

  1. 前シーズンはGヤドキング、ヌオー、バルジーナなどでサイクルを回しブラックキュレムを通そうといった構築を使っていましたがうまくいきませんでした。伝説自体の選出率が低く、全体的にパワーが足りないところが問題点でした。
  2. そのため、伝説ポケモンをサイクルの一環に組み込もうと思い、慣れ親しみのあった悪+飛行タイプといったことで今シーズンはイベルタルで行こうと決めました。
  3. イベルタルを使う上で前期結果を残した方々の記事を読み、こだわりスカーフ、あつぞこブーツ、とつげきチョッキを試して使用感の良かったとつげきチョッキを採用しました。このとき8luさんの並びからレンタルを借りつつ自分が扱いやすいようにカスタマイズしていくことにしました。
  4. レンタルを回した結果、ウオノラゴン、カバルドンウルガモスを上手く扱うことができないことに気づき、またイベルタル、Gヤドキングナットレイが好感触であったため続投しました。
  5. 続投したポケモンではザシアンが重いため、ザシアンにある程度強く出せること、電気の一貫を切ることができ、ゴチルゼルに強いAガラガラを採用しました。
  6. Gヒヒダルマや身代わりランドロスが重かったので水ウーラオスを採用しました。
  7. ここまででヒードランや相手のウーラオスが重かったためカイリューを採用しました。
  8. この6体の並びである程度うまくいき、3桁帯で戦えていたため、微調整を施しながら、内心構築に不安を感じながら最終日を迎えました。

個体紹介(以下選出画面順)

イベルタルとつげきチョッキ

f:id:yotsuba079:20211001121310j:image

努力値:H76 B4 C252+ D12 S164

技構成:あくのはどう デスウイング ふいうち とんぼがえり

-調整意図-

S:最速ウオノラゴン抜き

 

8luさんの構成をそのままお借りしました。

とつげきチョッキをもつことで殴り合いに強く、場持ちがいいことが特徴的でした。

相手が積み技を使ってくる際に後出ししても五分で戦える点がとても良かったです。

明確に不利な相手に対してもとんぼ返りで削りながら戦える点も扱いやすさに繋がって

板と思います。同速イベルタルが起こったり、ウーラオスに抜かれている点は少し気になりはしました。

ガラガラ(アローラのすがた)@ゴツゴツメット

f:id:yotsuba079:20211001121359j:image

努力値:H252 B252+ S4

技構成:おにび ポルターガイスト ねむる ステルスロック

-調整意図-

HB:特化でザシアンの攻撃をなるべく耐えてもらうため

 

対ザシアン最終兵器。ザシアンがかみくだくを持っていなければある程度安定して行動できます。おにび、ステロは確定であとは自由枠。今回はサンダーに対する打点の確保のためポルターガイスト、ゴツメに触れてもらう回数やTODで役に立つかなと思ってねむるを採用しました。

ナットレイ@たべのこし

f:id:yotsuba079:20211001121352j:image

努力値:H252 B252 D4

技構成:ジャイロボール ボディプレス てっぺき やどりぎのタネ

-調整意図-

HB:特化でなるべく耐えてもらうため

 

汎用性が高く、雑に投げて展開を作ってくれる偉い子でした。今まで使ったことがなくて、いやなことをしてくるポケモンだなと思っていましたが、自分が使う側になり相手が苦しんでいる姿を見てニヤニヤが止まりませんでした。この子も8luさんの型をそのままお借りしました。

ヤドキング(ガラルのすがた)@くろいヘドロ

f:id:yotsuba079:20211001111702j:image

努力値:H244 B4 C4 D212+ S44

技構成:サイコショック ヘドロばくだん なまける めいそう

-調整意図-

H:実数値201でちきゅうなげを多く耐えるため

S:ドヒドイデ抜き

D:特殊受けとしてなるべく高く

 

最終日前日までは8luさんの型で使っていましたが、メテオビームムゲンダイナに破壊され尽くしたため19チャレ直前に投入しました。その後本来の意図とは違いましたが、受けループを一匹で降参に追い込んだ活躍をしてくれた偉い子でした。ヘドロばくだんの追加効果を引けるかどうかで戦況が大きく変わります。

ウーラオス(れんげきのすがた)@ぼうごパット

f:id:yotsuba079:20211001111656j:image

努力値:A252+ D4 S252

技構成:すいりゅうれんだ インファイト ストーンエッジ アクアジェット

-調整意図-

A:特化で後出しHBサンダーをすいりゅうれんだ+ストーンエッジで倒すため

S:252振ることで抜ける相手が多くいるため

 

Gヒヒダルマに唯一勝てる枠。すべてのサンダーの後出しを許さない(許したくない)思いで「ぼうごパット」持ちウーラオスを採用しました。速いサンダーの後出しにはすいりゅうれんだ+アクアジェットで処理した場面もありました。構築的にはかみなりパンチやとんぼがえりがほしい場面も多かったのですが、そこは割り切って信用して使ってました。

カイリュー@あつぞこブーツ

f:id:yotsuba079:20211001121337j:image

努力値:H172 B252+ S84

技構成:ドラゴンダイブ じしん りゅうまい はねやすめ 

-調整意図-

s:+2でザシアン抜き

HB:なるべく高く

 

出てきやすいヒードランやウーラオスに対抗する枠。一応ザシアンにも削りを入れることができるので回している間にマルチに活躍していました。技構成や努力値振りに一番悩んだポケモンです。ドラゴンダイブは命中75なので技外した時にかなり裏目になります。前にダブルウイングで使っていて、ランドに打点を持ちたくてれいとうパンチと迷っていましたが、構築を見るとちいさくなるラッキーに何もできなくなることが判明し採用しました。その後当たってもなぜか警戒されてぶち当てられる日が来ることはなかったのが残念でした。

基本選出

イベルタル + Gヤドキング + ナットレイ

この並びで対応できないポケモンに応じて選出を変えます。

重いポケモン

反省

シーズン終盤にはザシアンとムゲンダイナがとても多かったので、シーズンが終わった今になってそれらの全ての型、並びに安定して戦える構築を用意することが重要だと感じています。また重いポケモンミミッキュ)への解答を十分に用意できず、記憶にある出された全ての試合で負けてしまいました。ある程度は割り切るしかないですが、環境に多く存在するものを切ってしまって構築に不安を抱えながら潜っていたように思います。対ザシアンにも勝率は微妙であり、もう少しメタが張れればもっと上に行けるように感じました。

それでは、S22対戦ありがとうございました。

質問ありましたらTwitter:@yotsuba079までおねがいします。

最後に(余談)

皆さんはポケモン対戦をするときに何をしていますか。私は対戦中にお茶を飲んだり、メモを取ったり、ダメージ計算をしたりしています。

ポケモン対戦を始めたての時はそれに加えて音楽を聞いて気分を高めて対戦をしていました。剣盾が始まってからはいつの間にかやめてしまっていたのですが、最近になって自分が右脳タイプで、何かをするときに音楽が力になるということを知りました。

昔の自分が本能的にしていたことが、科学的に確かに意味のあったことと知って嬉しいと同時になんか今までもったいなかったなと感じていました。

そのため、今シーズンは音楽を聞き対戦に挑んでいました。そのおかげなのか、久しぶりに少し結果が出てとても嬉しかったです。

そして私の戦闘曲がとても最高な曲なので是非紹介させて下さい。

1曲目:白夜(Reol)


f:id:yotsuba079:20211001133114j:image

2曲目:ドラマチック(the peggies)


f:id:yotsuba079:20211001133121j:image

どちらもとてもおすすめの、今私の中で最もアツいアーティストです。特にthe peggiesはリアルに同士の友達がいないのでひとりで楽しくライブに行ったりしています。

これをきっかけにお友達ができれば幸いです。

 

改めてここまで記事をお読みいただきありがとうございました。

これからもレート対戦や仲間大会、公式大会、オフ会などに参加していくつもりなので、マッチングしたらよろしくお願いします。ではでは。